「LPでSEOしたい」その意味や意図は?「本サイトとの使い分け」は?

「LPでSEOしたい」その意味や意図は?「本サイトとの使い分け」は?

「LP」も「SEO」もWEBに携わっていれば必ず耳にするワードです。

例えば、「LPでSEOしたい」というように使われますが、この場合何をどうするのか意味がわからない、という方もいるのではないでしょうか。また、「なんとなくイメージはつくけど、本当の意味や意図は曖昧」という方も多いかもしれません。

自分ではわかっているつもりでも、そもそも「LP」について意味を誤解している方もいるかもしれません。自分がわかっていてもクライアントが意味を間違えて捉えている場合だってあるのです。

当たり前すぎて説明不足になりがちな「LP」についてしっかりと解説していきたいと思います。

LPとは「使い方」を指す名称

LPとは「使い方」を指す名称

  • LP制作
  • LP集客
  • コンバージョン率の高いLP

といったように、WEBに関わる様々なシーンで「LP」という単語が登場します。WEBに関する打ち合わせを行えば、カウント仕切れないほど使われるかもしれません。

当たり前に使っているため、今さら人に聞けなかったり、相手も当然理解しているものとして話を進めてしまったりします。

改めて、LPとはという説明をします

LPとは「ランディングページ」の略で、「ランディング」とは、「着地」という意味になります。つまり、「ランディングページ」とは、「初回ユーザーが着地するページ」のことを指しています。

さらに言えば、「初回ユーザー用」なので、広告の着地ページとして位置付けられることが多いです。

よく「LPでSEO対策はできないのか?」と言われることがありますが、そう尋ねられた時は、

  • LPではSEO対策はできません
  • しません

という答えになります。「なぜできないの?」と聞かれた際に理解していただけるよう説明するには、「LP」の意味や意図を知る必要があるのです。

広告を始めようとした時に、着地用にわざわざデザインを変えたりするのは大変な大仕事です。そのためLPを新設することが多くなります。広告代理店側の立場からすると、「早く広告をスタートさせたい」という思いから一緒にLP制作を提案するようになります。

「広告着地用のページ」の特徴って?

「広告着地用のページ」の特徴って?

LPは初回ユーザーが着地することを目的として、本サイトとは別に作られています。

つまり、何の前情報も持っていないユーザーに向けてサービス(商材)について興味を持ってもらい、かつ一目で理解してもらう工夫が必要だということです。サービスの概要はもちろんのこと、キャッチコピーやアイキャッチなどを活用し、見やすいページ制作が求められます。

読みやすいコンテンツライティングも大切ですが、LPの場合は見た目の印象が最も重要になります。特に下にスクロールすればするほど閲覧時間が短くなっていくという特徴があります。そのため、ページの上部のデザインが重要で、最も関心をひく見出しやキャッチコピーが必要になります。

そこで関心を持ったユーザーが下へ、また下へと進んでいくのです。常に興味を抱かせ続ける構成がポイントになってきます。

一言で「LP(ランディングページ)」といっても、大きく2種類に分けられます。

  • 1ページ完結型LP
  • カテゴリまとめLP

どのように分類するかは商材や広告の種類によって使い分けられます。それぞれのLPについてはこれから詳しく説明していきます。

「1ページ完結型LP」とはどういうもの?

「1ページ完結型LP」とはどういうもの?

LPの目的はユーザーに商品やサービスに関心を持ってもらうこと、さらに言えば受注まで獲得することと言えます。他のページに移動させないことで広告の費用対効果を高めます。

LP内にヘッダーや他のコンテンツへのバナーを貼ってしまうと、他のページに移動されるリスクが高くなり、広告効果測定がしづらくなったり、ユーザーが目移りし目的が果たせないというデメリットが発生します。

WEB上では様々な商品が存在していますが、1ページに1商品しか掲載しない「単品通販」と言われる販売手法においては「1ページ完結型LP」がベターです。

1商品しか掲載しないので、初回ユーザーの即決を目的にしています。化粧品、ダイエット食品などターゲットが明確であり通販に向いている商材や、家電、投資商品、情報商材など1商品の単価が高い商材、下着、アダルト系など誰にも知られずに購入したい商品などが「単品通販」でよく扱われます。

こうした商品は初見で即決してもらうことが難しいため、ユーザーの興味関心を引く工夫が必要になります。

1ページで

  • キャッチコピー
  • 商品訴求
  • メリット
  • 他社商品との差別化

などを盛り込むためにどうしても縦に長いページとなってしまいます。「1ページ完結型LP」は、いわゆるダイレクトマーケティングと言われる手法になります。

「カテゴリまとめLP」の使い道は?

「カテゴリまとめLP」の使い道は?

1商品を扱う「単品通販」に対して、複数商品を扱う場合は「総合通販」と呼ばれます。

「総合通販」とは生活雑貨全般やアパレルサイトのように多くの商品を取り扱うサイトのことを指します。「カテゴリまとめLP」はこのような「総合通販」でよく使われる手法で、着地用ページとしては「1ページ完結型LP」よりもシンプルでLPの元々の目的である「着地」に重きが置かれています。

というのも、「1ページ完結型LP」のように1ページ内に

  • キャッチコピー
  • 商品訴求
  • メリット
  • 他社商品との差別化

など様々な情報を盛り込むことをせず、シンプルに「カテゴリまとめページ」として作られているのが一般的です。ページをごちゃごちゃさせることなく「他ページへの誘導」を目的にすることが多いのも特徴です。

なぜ総合通販サイトでは着地ページをシンプルにしているのでしょうか。総合通販ではより多くのユーザーを集客することを目的にしていることが多く、即決を求めていないという点が挙げられます。

「リターゲティング」という手法で、一度サイトページを訪れた人をマークするための役割を担うこともあります。また、別ページに誘導することも大きな目的の一つです。

例えば、別なカテゴリの総合通販を運営していたり、本サイトがポータルサイトのようになっており別サービスを見ることができたり、本命のサービスや商品が別にあったりする場合に別サイトへの誘導が行われます。

LPで「SEO対策」はできない?その理由や背景

LPで「SEO対策」はできない?その理由や背景

WEBページでSEO対策は欠かせない項目です。しかし、冒頭で述べたようにLPでSEO対策はできないと言われます。それはなぜなのでしょうか?

まず「1ページ完結型LP」についてです。「1ページ完結型LP」はアイキャッチが重要です。興味を喚起しユーザーが即決することを目的としています。そのため、文字よりもビジュアルが重要視されます。

キャッチコピーなどもビジュアルと合わせてデザインされることが多いので、圧倒的に文字数が少ないのです。文字数が少ないとSEO対策としては不向きであると言わざるを得ません。

「カテゴリまとめLP」の場合は最適な制作を行えばSEO効果がないとも言えないのですが、検索で訪れたユーザーは「答えが欲しい」と考えている人がほとんどなので、総合通販タイプのLPでは情報不足であると認識されてしまいます。

SEO対策では、一般的にページの「mata情報を最適化する」ことが挙げられます。そのため、LPでもmata情報や最低限のテキスト説明文は入れたほうが良いでしょう。

SEOとは違いますが、ページのmata情報や説明文がなければリスティング広告を出稿した際に、ページの品質が低いとみなされてしまいます。SEO対策かどうかは一旦置いておいて、どんなページでもmata情報と最低限の説明文の2点は最適化されている必要があります。

LPでのSEO対策はあまり意味がありません。SEOを目指して最適化するくらいなら、それぞれのLPの役割を全うさせた方が効果としては高くなります。あれもこれもというのはどんなビジネスにおいても悪手になりがちです。LPはあくまでも初見ユーザーを口説くためのページであって、検索ユーザーの集客ページではないのです。

SEOのように検索してページに入ってくるユーザーは何か答えを求めて検索をしているため、LPでは答えを提供するのには向いていないので、せっかく入ってきたユーザーをがっかりさせてしまうことになります。

LPでのSEO対策はあまり意味がないので、限られた作業時間や予算の中ではLPのSEO対策にリソースを割くのではなく、本来の目的を果たすように制作・運営しましょう。

OFFCOMPANY スタッフ

この記事のライター

OFFCOMPANY スタッフ

もっと表示する